まだまだ若い医師の方にオススメなのが、「格闘家」のお仕事です。

格闘家と医師を比較すると近いところがある!?

格闘家のお仕事と、医師のお仕事と、比較してみると結構近いところがあるんです。

例えば、医師の方はお仕事をするときに、まず一番最初に人体の構造について解剖学などで熱心に勉強をしますよね。

そもそも人体がどうなっているのか、その構造をしっかりと把握していないと医師になることすらできません。

今現在医師として働いている方々は、その点でみなさん格闘家になるための一つの要素を満たしているとも言えるのです。

格闘技を行う上で、人体がどういう構造になっているのか、それを始めから熟知しているというのはかなり大きなポイントです。

どこをどう叩けば相手がどのような反応をするのかが予め分かるわけですから、格闘技をする上で大変有利となりますよね。

また、病院で研究熱心な性分だったという方にとっては、より適正があると言えます。


思わぬ才能が花開くかも

自分の肉体を格闘技を行う為に分析研究し、肉体改造を適切に行う。

そして、対戦相手の動きに関しても研究する必要があるので、研究するという意味合いにおいても、共通点が見いだせてしまうのです。

格闘家になる上で、求人情報を探しているとインストラクターなどのお仕事を見つけることもできますが、どうせならぜひ体を動かす格闘技のプロになってみませんか?

思わぬ才能が花開くかもしれません。