医師としてかなり限界を迎えてしまっているアナタにおすすめしたいのが「F1ドライバー」のお仕事です。


F1ドライバーと医師との間には決定的な共通点

また急に何をと思うかもしれませんが、決してただの与太話ではありません。この話をするにあたり、非常に明確な根拠となるものが存在します。

それはF1ドライバーと医師との間には決定的な共通点が幾つも見出せてしまうからです。

ここまで聞いた皆さんの中には、もしかしたら既にその根拠についてピンと来ている方もいらっしゃるかもしれませんね。

ではその幾つかの根拠をご紹介したいと思います。


1.どちらも人の生死に関わる仕事である
これはもう紛れも無い事実です。生死に関わるのが相手か、自分か、その程度の差しかありません。ほとんど同じと言ってもいいでしょう。

2.ストレス耐性
日々過酷な労働環境、息の詰まる人間関係。訴えられる恐怖に打ち勝つ強靭な精神力は確実にドライバー向きです。

3.ギリギリな職場環境
どちらの職場も常にギリギリの職場環境だと言えます。精神的に追い詰められることの多い病院、命を張って走るレーサー。両者の間には最早境界線の3文字は見えません。


さて、いかがでしょうか。日々詰まらない求人を探すより、ドライバーを目指してみたいという気持ちが少し芽生えたのではないかと思います。気になった方は、まずドライバーになる方法から調べてみてくださいね!